スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】7月-8月初旬の首都圏・事務局の活動をご報告いたします

7月1日~8月初旬の、首都圏内での活動を報告いたします。

【事務局】
当月の活動としては、増大する一方、多様化するサポート活動のための資金の確保に引き続き取り組み、有給スタッフ(パートタイム)2名を新たに採用し、事務局機能強化に努めるとともに、拠点間の情報共有の仕組化や全体の活動に必要な業務の構築を行いました。詳細は以下の通りです。

(1) 活動資金確保
 ・当プロジェクトへの募金の呼び掛けと受領、御礼の発信・発送
 ・共同募金会「災害ボランティア・NGO活動サポート募金」の受託と同会との打ち合わせ・調整活動
 ・三菱商事 東日本大震災復興支援助成金受託と調整

(2) 事務局機能強化
 ・有給スタッフ2名着任(事務局付:コーディネイター1名、保養・住宅担当1名)
 ・新潟拠点付有給スタッフ1名と共に、契約整備

(3) 各拠点間の情報共有の仕組化
 ・関係者連絡先・予定表の作成
 ・共有ファイル(Drop Box)の始動
 ・共有カレンダー(Googleカレンダー)の始動
 ・スカイプ会議の始動
 ・各チームや拠点内情報の引き継ぎ書作成と共有

(4)各都道府県の住宅情報収集
 ・各都道府県が提供する住宅(特に自主避難者用)の情報収集と整理(検索ボランティア募集と調整)
 ・以上を含む住宅関連情報の収集とブログやMLでの発信

(5) 保養情報の収集と発信、保養先の開拓
 ・保養先開拓 全国青少年教化協議会、個人

(6) 会計報告整備
 ・対応中

【首都圏】
(0)イベント
 ①7月16日 東雲サポート!(主催:東雲有志の会+サポーターズ)へのボランティア協力
 ②7月25日 福島ママ&キッズ お茶&ランチ会in横浜市戸塚(共催:福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト+明治学院大学国際学部浪岡研究室 国際学部付属研究所プロジェクト、協力:戸塚区地域子育て支援拠点とっとの芽)

(1)ニーズ聞き取り実施場所・家族数
 ①先月からの継続ニーズ対応家族 3世帯(川崎市内避難所)、1世帯(川崎市内)、3世帯(横浜市内)
 ②東雲キャナルコート(7月16日)での聞き取り 4世帯(東京都内在住)
 ③お茶会@戸塚区地域子育て支援拠点とっとの芽(7月25日)  11世帯(東京都内/横浜市内在住)
 ④電話問い合わせ 2世帯(保養情報、福島県内在住)、1世帯(引越し、都内避難中)

(2)個別ニーズ対応
①、②、③のご家族に対し、次のサポートを中心に行いました。
(あ)住宅マッチング(全3世帯)
  ・2世帯を住宅マッチングチームが対応(2世帯は川崎市が提供)
  ・1世帯は現在対応中
(い)家財道具のマッチング(2世帯 川崎市)
  ・子供用いす、子供用机、CDラジカセ、組み立て式棚、ベビーチェアを提供
(え)保育ボランティア(全12世帯)⇒保育チームに再確認中
  ・2世帯(川崎市内避難所) 2回3名参加
  ・東雲サポート!(7月16日)での保育ボランティア 8名参加 
  ・お茶会での保育ボランティア (11世帯) 7名参加
  ・引越しサポートの際の保育ボランティア (1世帯) 1名参加
(お)ベビーシッター (1世帯)
  ・ボランティアの協力による
(か)一時保育の情報提供(3世帯 東京都内、横浜市内在住)
  ・避難先での一時保育受け入れ先の情報提供
(き)短期保養情報の提供とマッチング
  ・短期保養マッチングの対応済み1世帯、対応中1世帯(福島県→逗子マリーナ)
  ・ブログにて随時情報配信
(く)引越しのサポート(1世帯 福島→埼玉県)
  ・軽トラックの車両借り上げの資金援助と積み下ろしボランティア派遣 3名
(け)カウンセリング手配・傾聴ボランティア派遣・電話でのサポート
  ・カウンセリング手配・継続中(2世帯、川崎市内)
  ・傾聴ボランティア派遣(3世帯、川崎市内)ボランティア2名
  ・電話でのサポート(1世帯、東京都内) スタッフ1名
(こ)その他
  ・乳幼児健康診断に関する自治体情報の提供
  ・引越し希望先の線量計測ニーズ対応手配

(3)物品提供
  ・乳児用肌着、子供用おもちゃ 各1世帯
  ・中古パソコン 1世帯(東京都内)
   ※以上、すべて市民の方からの寄付としていただいた物品をマッチングいたしました。

【協力機関・協力者】
1)プロジェクト外部
 ・金沢工業大学未来デザイン研究所(広報の協力)
 ・戸塚区地域子育て支援拠点 とっとの芽(お茶会協力)
 ・調布市深大寺在住のお母さん方 (物品提供)
 ・じんだいフェスタ実行委員(家財道具の呼びかけ等)
 ・株式会社日本コーエイ研究所 (中古PCの提供)
 ・ご用聞喜屋「ハイッ!喜んで」(中古PCの配布)
 ・仮住まいの輪(住宅情報の提供)
 ・ユニ・チャーム株式会社(母乳パッドの提供)
 ・ソフトバンクモバイル株式会社(携帯電話の無償貸与)
 ・田中 様(お茶会にて“英語で遊ぼう”講師協力)
 ・竹内 様(お茶会にてベビーマッサージ実施協力)
 
2)当プロジェクト内
 ・引越しサポートチーム 活動従事者数:延4名
 ・住宅マッチングチーム 活動従事者数:延6名
 ・保育サポートチーム 活動従事者数:延5名
 ・家財マッチングチーム 活動従事者数:延1名
 ・検索ボランティア 活動従事者数:延25名(現在も募集中)
 ・明治学院大学教員、ボランティアチーム 活動従事者数:延9名

【今後に向けて】
引き続き、上記対応中のご家族へのサポートを継続してくとともに、さらなるサポートの充実に向けて、体制・連携の強化に努めてまいります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト

Author:福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト
宇都宮大学国際学部付属
多文化公共圏センター
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350
TEL&FAX: 028-649-5228

メール:fukushimachildren@gmail.com(@を小文字に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。