スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【活動報告】栃木拠点(6月)

FnnnP栃木拠点、FSP、FnnnP Jr.共同で以下の活動を行いました。

(1)ニーズ聞き取り・状況把握
 1)6月28日に宇都宮大学コミュニティカフェ「ソノツギ」内で、Jr.主催による「ママカフェ」を開催しました。避難者のママさん1名が来店してくださいました。お昼ご飯や飲み物を飲みながら、学生と楽しくおしゃべりをして過ごしていただきました。母子避難の方でお仕事もされていており、お元気な様子でした。

(2)ニーズ対応
 1)7月5日に栃木男女参画センターパルティで、「栃木避難者母の会」のキックオフ大会が開催されます。参加者は10数名とのことです。宇都宮大学の清水奈名子先生の講演のほか、少人数のグループに分かれて現在困っていることについて意見交換をする場を設けるそうです。避難者の状況をよく把握している方にファシリテーター役をやってほしいとのことで、清水先生とFSPスタッフがお手伝いすることになりました。また、当日は4名の乳幼児が参加するため、昨年度FnnnP栃木が主催したママ茶会で使用したおもちゃを提供します。
2)日本カウンセリング学会栃木県支部会の有志の方々が7月から訪問支援を行うことになりました。事務局長の北﨑さんへ、昨年度実施した「子育てをしていらっしゃる方へのアンケート」に連絡先を記入いただいた方の情報を提供し、訪問支援に活用いただきます。また、上記の方以外で住所がわかる避難者の方には日本カウンセリング学会が訪問支援を開始することをお手紙でお伝えし、訪問支援の希望を取っています。
3)6月28日に宇都宮大学コミュニティカフェ「ソノツギ」内で、Jr.主催による「ママカフェ」を開催するに先立って、その日の店主の大塚さんと打ち合わせを兼ねてお話しをしました。初めて避難者の方に接することには戸惑いもあるかと思い、「避難している子育て中のお母さんとFnnnPの支援について」という説明文を作成し、店主の方へお渡ししました。福島県からの避難者に対して今まで関心を持っていなかった方にFnnnPの活動を理解いただくということについて考える機会となりました。

(3)イベント
 1)避難しているママさんたちにゆっくりしていただこうと、6月28日「ママカフェ」を開催しました。Jr.が申請した助成金を使い、今後もカフェの場所とおいしい飲み物の提供をしていく予定です。とちぎ暮らし応援会の発送回数が減ってカフェの開店の案内を送ることができないため、Jr.から今後の日程をお送りします。


(4)広報
 1)6月24日25日にNHKのEテレ「ハートネットTV」で「Our Voices 原発被災者からの手紙(1)(2)」が放送されました。FSP教員の高橋若菜先生、FnnnP栃木Jr.のメンバーも参加しています。原発震災で悩みを抱えるお母さんたちからの手紙が紹介され、みんなで考える番組になっています。
 2)7月26日(金)10:00~14:00に宇都宮大学コミュニティカフェ「ソノツギ」で「ママカフェ」を開店する予定です。避難者の方だけでなく、原発震災の問題に関心のある方もご来店ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト

Author:福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト
宇都宮大学国際学部付属
多文化公共圏センター
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350
TEL&FAX: 028-649-5228

メール:fukushimachildren@gmail.com(@を小文字に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。