スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「南相馬から子育ち・子育てを考える」日本福祉のまちづくり学会15周年記念連続シンポジウム

日本福祉のまちづくり学会15周年記念連続シンポジウム
「南相馬から子育ち・子育てを考える」
主催:日本福祉のまちづくり学会子育ち・子育てまちづくり特別研究委員会

2011年の東日本大震災により、福島県南相馬市は津波・地震の大きな被害を
受けただけでなく、東京電力福島第一原子力発電所(福島原発)事故により
避難生活を強いられたり、事故からの放射線汚染の影響で安心して日常生活を
送れずにいたりする人を今なお多く抱えています。

大震災と原発事故に南相馬市民がどのように対処してきたのか、このような
環境が子どもの育ちや子育てにどのような影響を与えているのか、今、必要な
支援は何なのかを、南相馬市よりゲストをお呼びしてお聞きしたいと思います。
また南相馬の支援に取り組んでいる会員からの報告もございます。


現地の生の声を聞いていただける貴重な機会となりますのでぜひご参加ください。

******開催概要******
日時:2013年1 月 27 日 (日) 13:00~16:30(開場12:30)
場所:日本大学理工学部駿河台校舎5号館2階 会議室
   (〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台3-11-3)
   (JR:御茶ノ水、メトロ:御茶ノ水、新御茶ノ水より徒歩数分,
    聖橋より本郷通りを下りNewYorker’s Cafeの向かい)
    http://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/access.html
参加費:無料
定員:80名

******内容******
★講演「震災以降の子育ち・子育て支援~南相馬市の経験から」
南相馬市健康福祉部男女共同こども課発達支援室山田祐子さん
★講演「南相馬の保育園で今大切にしていること」
社会福祉法人ちいろば会 原町聖愛保育園園長 遠藤 美保子さん
★コメンテーター 定行まり子さん(日本女子大学家政学部)
★コーディネーター 長谷川万由美さん(宇都宮大学教育学部)

******お申込み・お問い合わせ******
お申込みはお名前、ご所属、連絡先(メアドまたは携帯)をお書き添えの上
kosomachi@gmail.comまで。電話でのお問い合わせは 070-5578-5934長谷川まで。

※情報保障、保育サービス(原則小学校三年生まで)の利用を希望される方は
ご相談ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト

Author:福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト
宇都宮大学国際学部付属
多文化公共圏センター
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350
TEL&FAX: 028-649-5228

メール:fukushimachildren@gmail.com(@を小文字に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。