スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【活動報告】栃木拠点(10月)

FnnnP栃木拠点、FSP、FnnnP Jr.共同で以下の活動を行いました。
(1)ニーズ聞き取り・状況把握
  栃木県消防防災課から避難者名簿をお預かりして行っている訪問支援活動も、およそ終了に近づいてきました。「未就学児のいるひとり親家庭」の名簿としていただいていますが、実際には小学生になったお子さんも多く、定住化がすすんでいる様子がうかがえます。引き続き行政書士3名、看護師1名、助産師1名で訪問支援を実施、11月末には予定された世帯への訪問は完了します。
 
(2)ニーズ対応
1)イベント、相談会情報、県内各地の情報などを、必要と思われる方々へ個別提供しました。
2)8月にとちぎ暮らし応援会を通じて回収した「子育てをしている方へのアンケート」   の記述欄からFnnnPの対応が必要と思われる方をピックアップしました。必要に応じて、ご家庭の様子をうかがうため、順次連絡を取っていきます。

(3)イベント
 1)10月28日(日)に芋煮会を行いました。当日は、悪天候のため、予定していた井頭公園から宇都宮大学に会場を急遽変更しましたが、福島から栃木に避難してこられた10家族(お母さん9名、お父さん2名、お子さん19名)にご参加いただきました。FnnnP Jr.10名に加え、保育ボランティア2名、FSP・FnnnPスタッフ・メンバー4名、スタッフ・メンバー・ボランティアの児童4名の協力も得て、にぎやかに開催することができました。
 2)12月16日(日)に、小さなお子さんと避難してこられた方々を対象に宇都宮大学にて「クリスマスお茶会」を企画しています。今回は、参加者の方にも企画段階から携わっていただこうと、呼びかけのお手紙を送りご協力いただける方を募っています。

(4)広報
1)11月25日にとちぎ男女共同参画センターで「暮らしのなんでも相談会」を開催します。これは、とちぎ暮らし応援会主催で、震災によって栃木県内で避難生活を送っている方々を対象に開催される「ふるさと大交流会」内に併設します。この相談会のチラシを1500部印刷し、とちぎ暮らし応援会のご厚意により、県内の避難者のお宅へ配布しました。

(5)ニーズに対応した関係団体との調整・情報収集
 1)8月にとちぎ暮らし応援会のご協力で配布回収した「必要な支援についてのアンケート」と「子育てをしている方へのアンケート」の集計結果を作成しました。避難者のみなさまにご覧いただくため、1200部をとちぎ暮らし応援会より発送していただきました。

___________________________
福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクトブログより転記
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-451.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト

Author:福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト
宇都宮大学国際学部付属
多文化公共圏センター
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350
TEL&FAX: 028-649-5228

メール:fukushimachildren@gmail.com(@を小文字に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。