スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FnnnP Jr】合同茶話会in佐野 参加報告


平成24年6月3日(日)に栃木くらし応援会主催の茶話会にFnnnP Jr.の福島県出身者も参加いたしました。

日時:平成24年6月3日(日)10:00~12:00
場所:佐野市総合福祉センター (栃木県佐野市大橋町3212-27)
対象:東日本大震災で避難されている方
   (栃木県県南地域合同で実施)
参加者:福島から避難されている方(30名)
ボランティアスタッフ(30名)

合同茶話会に初めて参加しました。当日は、福島から避難されている方30名、ボランティアスタッフ30名と参加者数が多く、会場は大変賑わっていました。今回は、避難されている方々の交流や情報交換と同時に、支援団体同士がつながることも目的の一つであり、、非常に有意義な時間になりました。

 まず、受付をした方から自由に席に座り、お茶を飲みながらお話をしました。だいたい交流会に日常的に参加されている方々が近くに席に座り、楽しそうにお話をされていました。その後、コーディネーターの方が同じ地域の出身者同士をうまく近づけるように、動いていらっしゃるのが印象的でした。3月にFnnnP Jr.(福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト 宇都宮大学学生ボランティア)が開催した「ふくしまママ&パパ茶会」でも見られたように、やはり同郷の方と会い、話をしている様子は嬉しそうで少し安心していました。避難者の方からも「交流会に参加することで、情報交換ができるし、不安や悩みなどを共有できる。」という声を直接お聞きすることができ、これからの活動の重要性を感じました。また、「自分から積極的に交流会などに参加している人はいいが、逆に参加してない人が心配。」という声もいただき、これからの活動において、より参加しやすいイベントを企画したり広報したりしていくことが重要であると考えました。そして、最後には参加者全員でヨガを行い、心も体もリラックスして終わりました。

 今回お会いすることができた他の支援団体と、今後、一緒に活動したり協力し合ったりすることができれば幸いです。

 最後に、避難者としてではありますが、このような会に参加させていただき、誠にありがとうございました。支援者側としても学ぶところがあり、勉強になりました。感謝申し上げます。今後ともよろしくお願い致します。


FnnnP Jr.
加藤 奈緒美
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト

Author:福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト
宇都宮大学国際学部付属
多文化公共圏センター
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350
TEL&FAX: 028-649-5228

メール:fukushimachildren@gmail.com(@を小文字に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。