スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[5/21]群馬大学社会情報学部シンポジウム

私たちは、福島にどう向き合うべきか
~ 過去から現在、未来を学ぶ ~
開催日時:2012年5月21日(月)13:00~16:50
会 場 :群馬県前橋市荒牧町4-2
群馬大学荒牧キャンパス(ミューズホール)

< プログラム >
13:00 開会
13:00~13:10 はじめに 富山慶典(群馬大学社会情報学部教授・学部長)

≪ 第1部 基調講演 ≫13:10~14:30
テーマ:「水俣病の50年 水俣病事件の教訓を福島にどう生かすか」
講 師: 原田 正純 氏(医師)
コメンテーター:西村 淑子(群馬大学社会情報学部准教授)
*第1部は、テレビ会議システムを使用し、熊本学園大学水俣学研究センターから中継します。

≪ 第2部 パネルディスカッション ≫14:40~16:50
テーマ:「過去の公害事件から何を学ぶか、私たちは、福島にどう向き合うべきか」
コーディネーター:石川 真一(群馬大学社会情報学部教授)
パネリスト:落合 延高(群馬大学社会情報学部教授)
「足尾鉱毒事件から学ぶもの」(14:40~15:05)
西崎 伸子(福島大学行政政策学類准教授)
「収束しない福島原発事故:1年を経た福島県内の子育て環境について」(15:05~15:30)
阪本 公美子(宇都宮大学国際学部准教授)
「原発震災後の放射能汚染に対する未就学児家族・妊産婦の避難をめぐる対応」(15:30~15:50)
― 全体質疑(16:00~16:45)―
16:50 閉会

主催:群馬大学社会情報学部
共催:宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター
協力:熊本学園大学水俣学研究センター
-------------------------------------------------------------------------------------------------
事前のお申込み:不要
定員:160名(先着)
参加費:無料
駐車場:有・ただし混雑が予想されますので、公共交通機関でのご来場にご協力ください。

≪お申込み・お問い合わせ先≫
群馬大学社会情報学部行政法(西村淑子)研究室
TEL&FAX:027-220-7492
Email:yoshiko@si.gunma-u.ac.jp



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト

Author:福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト
宇都宮大学国際学部付属
多文化公共圏センター
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350
TEL&FAX: 028-649-5228

メール:fukushimachildren@gmail.com(@を小文字に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。