スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/19(日)講演会のご案内

震災への対応を通して保育を考える
「3.11 その時保育は~DVD上映と天野珠路氏講演会」

日時:2012.2.19(日) 13時から16時半(開場12時)
場所:宇都宮大学大学会館多目的ホール 【入場無料】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
主催:宇都宮大学学長震災プロジェクト「震災と福祉施設」研究チーム
共催:宇都宮大学教育学部付属教育実践総合センター
後援:宇都宮大学生涯学習教育研究センター
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
このたび、震災後、いち早く被災地に入り、現地の貴重な経験をDVDにおさめた
『3.11その時、保育園は - いのちをまもる いのちをつなぐ -』(岩波映像)
を監修された天野珠路先生(日本女子体育大学准教授・元厚生労働省保育指導専門官)
をお呼びして震災時の保育のあり方、そして保育とは何かについて考える講演会を
企画いたしました。
併せて、主に栃木県内の保育所の震災による影響等に関する調査報告も行います。

昨年3月の大震災に際し、保育園はどのように幼い子たちの命を守りぬいたのでしょ
うか?
また、保育園の防災対策はどうあるべきでしょうか?
今なお続く放射能汚染の不安の中、保育はどうあるべきでしょうか?
保育に関わっている方、子育て中の方だけでなく、社会全体で子どもをどう守ってい
くのかに関心をお持ちの方に広く参加していただけたらと思います。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
【プログラム】
前半 DVD『3.11その時、保育園は - いのちをまもる いのちをつなぐ -』上映
    監修者・天野珠路氏講演「3.11を通して保育を考える」
後半 シンポジウム「震災と保育~3.11から何を学ぶか」
    ○「震災と福祉施設」研究チーム調査報告
      ・宇都宮市保育所調査報告
      ・被災地聞き取り調査報告
    ○パネルディスカッション
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
参加される方は、事前の申し込みの手続きが必要です。申し込み手続きについては、
以下の宇都宮大学HPでご確認ください。
http://www.utsunomiya-u.ac.jp/topics/index.php?id=451


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト

Author:福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト
宇都宮大学国際学部付属
多文化公共圏センター
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350
TEL&FAX: 028-649-5228

メール:fukushimachildren@gmail.com(@を小文字に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。