スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママの声 第3弾

___________________________
今回は、昨月1月に、関東の各拠点で開かれたイベントの際の、
福島からの避難者ご家族から得た、声をご紹介します。
また、支援者皆さまのご協力により、送ることのできた物資に関しての声も上がっています。
--------------------------------------------------------------------------------
避難者報告会@群馬(2011年12月6日開催)
・今回、本当に貴重な機会を与えていただきありがとうございました。改めて、この9ヶ月間を振り返るきっかけになりました。
・先日はお忙しい中、主人と共にお世話になりましてありがとうございました。なかなかこういう場でお話することもありませんので、先生方にお時間を作っていただいた事に感謝しています。いつかまたこういう機会があった時は、落ち着いて話したいことを伝えられる様、頑張りたいと思います。このような会をひらいていただき、ありがとうございました。なにもできませんが、お力になれることがあれば、お役にたてれば光栄です。
体調崩される方が多いようです。先生もお体大事にされて下さい。

クリスマスママ茶会@栃木(2011年12月24日開催)
・今日はありがとうございました。子供も遊ばせることが出来たし、私もいろいろな方と話せて良かったです。
・とてもみなさん親切な方で良かったです。又、子供を見てくれて、他のママとお話できて楽しかったです。とても感謝です。ありがとうございました。
・クリスマスの忙しい時期に皆さんがいろいろと準備して頂いて下さり本当に有難い思いで一杯です。前回活動に参加させていただいた際にもそうでしたが、帰路時はいつも温かい気持ちを貰って元気になります。ありがとうございました。

物資支援@首都圏(2011年12月実施)
・今年も一年大変お世話になりました。
カーボンヒーター、加湿器、大切に使わせていただきます。
ありがとうございました。
皆さまにもよろしくお伝えください。
・こんにちは。
温かいお布団もホットカーペットも届きました。
ありがとうございました。大変助かります。
こちらに来て一カ月になりますが、子供たちは元気にしていますよ。
すっかり寒くなり、今年も終わるんですね。
(当団体の)皆さまも体調崩さないようにしてくださいね。
___________________________________
福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクトブログより転記
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-179.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト

Author:福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト
宇都宮大学国際学部付属
多文化公共圏センター
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350
TEL&FAX: 028-649-5228

メール:fukushimachildren@gmail.com(@を小文字に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。