スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【活動報告】茨城拠点(11-12月)

11月~12月の茨城拠点における活動報告をいたします。

【11月】
(1)イベント・茶話会の開催
? 茨城大学学園祭 第62回茨苑祭 公開講座(担当:原口弥生)
2011年11月12日(土)13:00~14:00 共通教育棟22番教室
「被災者が経験した福島第一原発事故」
<ゲスト・スピーカー>
石川真由美さん(ホープいばらき)
川又啓蔵さん(南相馬市出身、現・相馬市在住、ラジオ福島レポータ、茨城大学大学院生)
約60人参加。以前、茶話会に参加された方も来て下さり、公開講座の後少し歓談・情報交換。⇒茨城新聞にて記事掲載(2011年11月18日)

? 第5回 ママカフェ/茶話会inつくば
日時:11月23日13時~16時
場所:つくば市つくば市民大学
参加者:合計28人 福島避難者4組参加(大人5人、子ども8人)
<スタッフ・連携協力者とその子ども> 15人
茨城大学教員1人、学生3人
ホープいばらき人2人
茨城キリスト教大学教員1人
えほんでスマイルアゲイン1人
茨城県弁護士会 弁護士(女性)2人
スタッフの子ども 5人

? ホープいばらき活動報告会
日時:11月26日13時~16時
場所:水戸市労働福祉会館
「福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト茨城チーム」の活動内容について報告・質疑応答を行う(ホープいばらき作成、原口発表)。その後、コモンズ関係者を交えて、今後の活動についての情報交換。

(2)物品提供
・茶話会/ママカフェの参加世帯(4世帯)に絵本を提供。
・茶話会/ママカフェ参加者に個人被ばく線量計を1機、貸与(土浦市)。

(3)情報提供
・東電賠償請求の進め方などについての弁護士を通じてのアドバイス(5世帯)

(4)情報交換
・つくば市総務課木村氏との情報交換(2011年11月25日、原口)

(5)広報活動 
?12月の第6回茶話会(日立)と原発賠償説明会のチラシ作成。
?茶話会と原発賠償説明会のチラシを、日立市とその周辺自治体(北茨城市、高萩市、常陸太田市、ひたちなか市、東海村)の合計6自治体に送付。
?原発賠償説明会のチラシを水戸市とその周辺自治体(笠間市、常陸大宮市、石岡市、小美玉市、鉾田市)の合計6自治体に送付。
*これらの自治体のご協力により、12月のイベントのチラシ・地図類を、避難者に送付することができた。

(6)企画打ち合わせ
・1月企画の物資配布会(ホープいばらき主催)について打ち合わせ(11月12日)
・2月企画の茨城キリスト教大学でのワークショップについて打ち合わせ(11月23日)

(7)外部資金・協力団体の獲得 
・笹川記念保健協力財団(茨城キリスト教大学、100万円)
・社団法人茨城県看護協会の後援 

【12月】
(1)イベント・茶話会の開催 
?第6回 茶話会in 日立 (クリスマス企画)
日時:12月19日13:00~16:00
場所:茶話会 日立市茨城キリスト教大学大学記念館1階
参加者:合計24人  福島避難5組参加(大人6人、子ども5人) 
<スタッフ・連携協力者>13人
茨城大学教員1名、学生3人
ホープいばらき2名 
茨城キリスト教大学教員2名、学生3名
茨城県弁護士会 弁護士(女性)1名
上級教育カウンセラー 1名

?原発避難者への法的支援~損害賠償説明会~
日時:2011年12月21日(水)午後1:30~3:00 
会場:茨城県水戸市文京2-1-1 茨城大学 地域総合研究所3階 研修室 
講師:弁護士  関 健太郎氏  (茨城県弁護士会災害対策本部)
*茨城大学地域総合研究所との共催 
*説明会後、1時間ほど交流会を開催(約20名の参加)
・説明会には避難者21名、支援者・一般・学生の20人以上で約40名程度が参加
⇒当日、夜のNHKニュース(茨城)で報道
?説明会参加者へのニーズ調査の実施(回収21)

(2)物品提供・貸出し 
・茶話会の参加世帯(5世帯)に絵本・こども服・教材を提供。
・茶話会/ママカフェ参加者に個人被ばく線量計を7機、貸与(日立市内5機、つくば市内2機)。

(3)情報提供   
・自治体の民間賃貸住宅借り上げ制度についての情報提供(1世帯)    
・東電賠償請求の進め方などについての弁護士を通じてのアドバイス(4世帯)

(4)情報交換
・ひたちなか市住宅課との情報交換(12月1日、原口)。民間住宅借り上げ制度について
・茨城県庁子ども福祉課母子保健担当(塙氏)にヒアリング(12月5日、12日、渋谷)
避難者の予防接種、妊婦検診助成券の施行状況について確認。

(5)企画の打ち合わせ
・1月企画の物資配布会(ホープいばらき主催)について打ち合わせ(12月19日)
・2月企画の茨城キリスト教大学でのワークショップについて打ち合わせ(12月19日)

(6)物品のご提供
・絵本(えほんでスマイル・アゲインよりご寄付) 
・子ども服(ホープいばらき/ 生活クラブ生協水戸センターよりご寄付)  
・文房具・手帳類(ホープいばらきよりご寄付)

以上  

茨城拠点 原口
__________________________
福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクトブログより転記
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-174.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト

Author:福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト
宇都宮大学国際学部付属
多文化公共圏センター
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350
TEL&FAX: 028-649-5228

メール:fukushimachildren@gmail.com(@を小文字に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。