スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママの声

______________________
今年度、避難者のご家族を対象とした交流イベントや引っ越し、保育といったサポートの中でいただいた、お母さま方の感想を一部ご紹介します。
「ママの声」については、今後も随時一部ご紹介していく予定です。
--------------------------------------------------------------------------------
●お茶会@宇都宮大学コモンルーム(2011年6月24日開催)
活動報告:http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-date-201106-4.html
・お茶会ありがとうございました。子供たちも遊んでもらってとても楽しそうでうれしかったです♪ またお願いします。
・助産師さんに色々とお話を聞けてよかったです。色々いただいて助かりました。

●引っ越しサポート@群馬(2011年7月31日)
避難所では毎朝起きたら必ず貴重品バッグを背負うことから始まる。寝るときまで外せないのはきつかった。
やっと解放された気がします。

●家財マッチ~布団提供~(2011年8月21日開催)
(布団を提供していただいたことに関して)
本当にありがとうございます。大切に使わせて頂きます。
本当に、本当にありがとうございました。

●茶話会inつくば(2011年9月2日開催)
活動報告:http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-category-15.html
今日は、こういう場をつくって頂いて感謝しています。
・とても楽しく、知り合いもできて良かったです。
・心配していることを思い切って話せる場があってよかったです。
・同じ避難している方と心配していることを話、放射能について心配しているのが自
分だけでないことが分かって良かったです。
・東電賠償を自分でどのようにしていくのか分からずにいましたが、弁護士さんと直
接話しをすることができて不明点が明瞭となりました。ネットワークを広げて周囲の方
に教えていきたいと思います。

●茶話会in日立(2011年9月15日開催)
・今日は、こういう場をつくって頂いて感謝しています。
・とても楽しく、知り合いもできて良かったです。
・心配していることを思い切って話せる場があってよかったです。
・同じ避難している方と心配していることを話、放射能について心配しているのが自
分だけでないことが分かって良かったです。
・東電賠償を自分でどのようにしていくのか分からずにいましたが、弁護士さんと直
接話しをすることができて不明点が明瞭となりました。ネットワークを広げて周囲の方
に教えていきたいと思います

●ちびっこキャンプ@栃木市大柿コミュニティセンター(2011年10月22、23日開催)
活動報告:http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-133.html
・2日間のキャンプ大変お世話になり、ありがとうございました。
 子どもたちのたのしそうな顔に、参加して良かったと思います。
 たくさんあそんで下さりありがとうございました。また私たちも子どもと離れてゆっくりと話が出来たので良かったです。
 先生方、学生のみなさん、本当にありがとうございました。
・子供達が2日間通して全身汗びっしょりで動き回って遊ぶ様子が何よりの時間でした。
 また、親の方は、日ごろの思いや、情報等、お互いに話すことが出来、その中で共有してもらうことで、随分気持ちの収まりが出来たように思います。
 この2日間で「栃木に住み続けるのもアリかなぁ…」と何となく思いました。
・またこのような機会があれば参加したいとおもいます。
・地元を離れてから、なかなか一緒に遊んでくれる友人もいないし、子供を連れて遊ぶ場所もよく分かりませんでした。
 ぜひまた。このような機会を、他の被災者の方にも提供していただけたらありがたいと思います。

●東京わくわく遠足@東京外国語大学(府中)(2011年11月20日開催)
活動報告:http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-143.html
先日はありがとうございました。心理士の先生ともじっくりお話出来て良かったです。
・今日はたくさんお気遣いを頂きまして、ありがとうございました!たくさんのご助力を目の当たりにして、久しぶりに安堵感に包まれました。ホテル避難所にいると、そこで暮らす世帯数が少ないので、情報も東京都から送られてくれるものだけで、いま、何が起きているのか、どういう状況なのかが物凄く掴み辛いうえ、取り残されたような、孤立感を感じることもあります…。福島大の方から聞く県内の動きも、私の全く知らないことで、今後福島に戻ったときにとても役立つと思いました。
(中略)
でも、今日はとても楽しかったです!!
「え~針できない~」と一瞬青ざめたシュシュ作りですが、仕上がると楽しい~><" すばらしく、気分転換になりました!息子もとても楽しかったようです^^汗びっしょりになって、にこにこ顔で帰ってきました。このような機会を設けていただいて、本当にありがとうございました。
_____________________________
福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクトブログより転記
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-165.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト

Author:福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト
宇都宮大学国際学部付属
多文化公共圏センター
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350
TEL&FAX: 028-649-5228

メール:fukushimachildren@gmail.com(@を小文字に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。