スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民間借上げ住宅の延長について

民間借上げ住宅にお住まいの避難者のみなさま

昨年度の栃木・茨城・群馬の合同アンケートにおいても民間借上げ住宅に関する避難者のみなさんの関心が高かったのですが、12月15日に公表予定(http://cmps.utsunomiya-u.ac.jp/kousin/news1.html)の栃木県に避難していらっしゃる皆様に対するFSPのアンケートでも声が多かったため、民間借上げ住宅の延長について、インターネット、ならびに栃木県については電話にて確認しました。

すでに厚生労働省が、平成25年4月2日に、延長について通達を出していましたが、
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002yvh8.html

福島県や宮城県は、その後、県内の民間借上げについて以下のとおり、延長しています。(  )内は公表日です。

福島(平成25年4月3日):平成27年3月31日まで延長可能
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=865EE2D85F2969E22579A128EC47672E?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=3759

宮城(平成25年8月30日):3年から4年まで延長可能
http://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/minchin-saienchou.html


避難者受け入れ件については、被災県の依頼に基づき、(  )内の年月日に、以下のように、延長しています。

山形(平成25年5月7日):平成27年3月31日まで延長可能
http://www.pref.yamagata.jp/pickup/interview/pressrelease/2013/05/08181049/press_file01.pdf

秋田(平成25年5月20日):平成27年3月31日まで延長可能
http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1369025958300/index.html

新潟(平成25年6月13日):福島県からの避難者は平成27年3月31日まで延長可能
http://www.pref.niigata.lg.jp/kouikishien/1356760275186.html
  (平成25年10月31日):宮城・岩手からからの避難者は、4年まで延長可能
http://www.pref.niigata.lg.jp/kouikishien/1356771866858.html

東京(平成25年9月18日):平成27年3月31日まで延長可能
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/09/20n9i500.htm H25.12.5

群馬:平成27年3月31日まで延長可能
http://www.pref.gunma.jp/05/aa0100005.html

茨城:県の公式発表はありませんが、FnnnP茨城(平成25年6月6日)が、国の通達や他県の状況について説明しています。
http://d.hatena.ne.jp/fukushimaneeds-ibaraki/20130606/1370539462

栃木:県のホームページでは、昨年(平成24年12月4日)の2年から3年への延長の情報のみの掲載となっていますが、
http://www.pref.tochigi.lg.jp/c02/241203kariagejuutakuentyou.html
電話で担当責任者に問い合わせたところ、延長するという方針は、以下の通り内部で決定しており、今月中(平成25年12月)に、避難者への意向調査、ホームページでの公表が予定されています。
・福島県からの避難者は、平成27年3月31日まで延長可能
・宮城県・岩手県からの避難者は、4年(平成27年6月)まで延長可能


そのほか、関西における避難者公営住宅に関してまとめてあるホームページとしては、以下をご覧ください。

2013避難者公営住宅入居調査 - maruttonishi Jimdoページ
http://maruttonishi.jimdo.com/2013%E9%81%BF%E9%9B%A3%E8%80%85%E5%85%AC%E5%96%B6%E4%BD%8F%E5%AE%85%E5%85%A5%E5%B1%85%E8%AA%BF%E6%9F%BB/


FSP事務局長
阪本 公美子
―――――――――――――――――――――――――――――
福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクトブログより転記
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-579.html
スポンサーサイト

四国各県、独自の住宅借上げ制度について

四国各県では、独自に避難者向けの住宅借上げ制度を運用しています。借り換え
についても相談可能ですので、担当部署にご相談ください。

香川県

窓口:香川県住宅課分室(県営住宅担当) 087-832-3587 担当:起さん(おき)
http://www.pref.kagawa.jp/jutaku//keneijutaku/hisaisya.htm
対象者の定義:
「福島県南相馬市,浪江町,双葉町,大熊町,富岡町,楢葉町,広野町,川俣町,
葛尾村,川内村,田村市,飯舘村,伊達市及びいわき市に居住している方、
または、平成23年3月11日現在同市町村に居住していた方で、
福島原子力発電所の事故に伴う避難者。
上記以外の地域でも、福島県浜通り、中通り及びその周辺に居住している高校生
以下のお子様がいるご家庭の方」

「借り換えへの対応は個別の事情に鑑みて相談に応じる」
※浜通り、中通りの場合にはそのエリアへの「居住」が要件になっているため

愛媛県

窓口:愛媛県建築住宅課公営住宅係 089-912-2759 担当:河合さん
http://bosai.pref.ehime.jp/higai/23/sumai/jyutakushien.htm
対象者の定義:「福島県に居住している方」
「借り換えへの対応は個別の事情に鑑みて相談に応じる」
※「居住」が要件になっているため
※限られた住宅をより事情の重い方に届けたいため、借り換えの方と、直接の避
難者さんを比較すると後者を優先したい

徳島県

窓口:徳島県県民協働室 088-621-2023 担当:村田さん
http://www.pref.tokushima.jp/docs/2011061700264/
対象者の定義:
「2011年3月11時点で警戒区域と居住制限区域、帰還困難区域に住民票のあった
方」
「借り換えへの対応は可能」

高知県

窓口:高知県住宅課 088-823-9855
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/111301/h22-koho-shien.html
対象者の定義:
「東北地方太平洋沖地震等によって被災された方(罹災または被災証明書)」
「借り換えへの対応は可能」*実績あり

お困りのことがありましたらご相談くださいね。

福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト
担当:伊藤(090-2786-3342 yo.ito@nifty.com)

___________________________
福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクトブログより転記
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-461.html

借上げ住宅の新規受付終了について

福島県からの県外避難者に対する住宅支援が、12月28日で
新規受付を終了するとのことです。民間借り上げ、公営住宅、
雇用促進住宅など、すべての住宅支援が受付終了となります。
もしも避難を考えておられる方は、早急に申請手続きを!

http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/02_24.11.5kengai_shinkiuketsukesyuryo.pdf

___________________________
福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクトブログより転記
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-449.html

避難者向け住宅情報(関東以北)

福島県からの原発避難者(自主避難を含む)が申込み可能な、民間賃貸住宅借上げ制度や、県営住宅等について、避難希望の多い関東以北についてまとめました。避難を希望される方は、下記の各自治体にご相談ください。

※すでに、応急仮設住宅や、応急仮設住宅としての公営住宅・民間借り上げ住宅に入居している方は応募できませんので、ご注意ください。

※関東以西に避難を希望される方は、住宅を探すお手伝いをしますので、
fukushimaneeds.jutaku<@>gmail.com <>を取ってメール送信ください
までご連絡ください。


民間借り上げ制度を実施中の県(2012年6月15日現在、関東以北のみ)

岩手県 http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?nd=4294&of=1&ik=1&pnp=53&pnp=4201&pnp=4293&pnp=4294&cd=32291
     復興局 019-629-6936

秋田県  http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1306723447531/index.html 
     秋田県被災者受入支援チーム 借上住宅入居相談窓口   電話 018-860-4503

山形県  http://www.pref.yamagata.jp/ou/kankyoenergy/020072/fukkou/kariage-jyutaku.html
    復興支援室 電話:023-625-1605または1608 

新潟県  http://www.pref.niigata.lg.jp/bosai/kariagejyutaku.html
     広域支援対策課 電話: 025-282-1775

茨城県  http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/seikan/kikikanri/kasetu/okikae/okikaeHP.htm
   茨城県災害対策本部事務局 電話:029-301-5977
   民間借り上げも実施しているが、つくば市の国家公務員住宅やその他市町村にある公営住宅への入居を優先させる。公営住宅の空戸については、災害対策本部事務局(029-301-5977)まで、電話でお尋ねください。

千葉県   http://www.pref.chiba.lg.jp/kenfuku/230801.html
    健康福祉部健康福祉政策課健康危機対策室 電話:043-223-2675
    入居を希望する市町村に問い合わせる。市町村の連絡先は、危機対策室(045-223-2675)で教えてくれる。


公営住宅の提供

埼玉県  http://www.pref.saitama.lg.jp/page/hisai-zuiji-bosyuu.html
     都市整備部住宅課 Tel:048-830-5564


雇用促進住宅

雇用促進住宅の空戸は、厚生労働省のHPで確認できます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/safety_net/83b.html
______________________________
福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクトブログより転記
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-318.html

応急仮設住宅の居住期間の延長


4月17日付で、厚生労働省より、
「応急仮設住宅の居住期間については、原則2年間とされており、その
後は1年ごとに延長できる制度になっています。今回、恒久住宅の整備
には、なお時間を要する状況にあるため、この居住期間を1年間延長す
ることにします。」
という発表がありました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000028bmx.html

この通達を受けて、山形県では、民間賃貸住宅借上げ制度による居住期
間を一年延長する旨、発表がありました。
http://www.pref.yamagata.jp/pickup/interview/pressrelease/2012/04/27194906/
他の自治体についても、延長についての情報が入り次第、ブログに掲載
していきますが、各自で避難中の自治体に問合わせてください。

また、問合わせについて協力が必要な場合は、下記までご連絡ください。
fukushimaneeds.jutaku<@>gmail.com
(メール送信の際には、<>を取って、使ってください)
________________________________________________________
福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクトブログより転記
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-266.html
プロフィール

福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト

Author:福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト
宇都宮大学国際学部付属
多文化公共圏センター
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350
TEL&FAX: 028-649-5228

メール:fukushimachildren@gmail.com(@を小文字に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。